機密文書処理のスペシャリスト 株式会社JP北海
トップページ サービス案内 集荷 エリア セキュリティ
リサイクル 会社案内 質問と回答 お問合せ

株式会社ジェーピー北海(以下JHRという)は、お客様から寄託された機密書類(情報資産) の回収、保管から機密処理までの業務並びに当社の情報資産を守ることを安全確実に行うことが責務と考え、以下の方針に基づき情報セキュリティ管理を確立します。

1 適用範囲
この方針は、JHRがお客様から保管及び破砕処理を寄託された全ての情報資産に適用しこれらの管理、運営にかかわる施設、設備を指します。

2 方針
1)JHRは、情報セキュリティマネジメントシステム(以下[ISMS]という)を
構築、実践することによってお客様との信頼関係を醸成し信頼に応えます。

2)情報資産一覧表を作成しそれに基づきリスク評価基準を設け、これにより情報資産
の脅威、脆弱性を認識し、さらにセキュリティ上対策が必要な事項を抽出する。

3)ISMSを推進するために適切な教育等を行います。

4)事業活動を行う中で知りえた機密事項や、お客様及び取引先から取得した機密情報
関係者のプライバシー情報について、その保持ならびに漏洩防止、不正利用の排除
のために従業員等(役員、契約、臨時社員含む)と契約を結び徹底を図り、役員に
おいても遵守するよう徹底します。

5)以上の活動において継続的に影響を及ぼす変化が生じた場合には見直し改善に努めます。

3 推進体制と責任
この方針に基づく、セキュリティ基準、セキュリティ要求事項の審議及び対策、評価を行うためにISMS推進委員会を設け管理責任者を設置します。ISMSを円滑に運用するため、ISMS推進委員会によって準備文書化されたISMSマニュアル・適用宣言書に基づき、各部門で洗い出された情報資産のリスクアセスメント、管理策、リスク対応計画を策定します。また各種の実施・評価を行いISMSの継続的改善に努めます。

4 監査
内部監査委員は、情報セキュリティ基本方針・ISMSマニュアル・リスク対応計画の各種実施状況を部門ごとに定期的に検証します。

5 従業員等の義務
JHR従業員等は、情報セキュリティ基本方針を遵守し、ISMSの維持、向上に努め、また、ISMSに関連する法令、条例、その他の社会的規範を遵守します。これらの規定に反する行為を行った場合、就業規則に従い懲戒手続きの対象になります。

2015年4月1日
株式会社ジェーピー北海
代表取締役社長
筌口 康史

 
機密文書処理のスペシャリスト 株式会社JP北海